地勢(読み)ちせい

精選版 日本国語大辞典「地勢」の解説

ち‐せい【地勢】

〘名〙
① 土地の形勢。地形の高低・傾斜、谷・川・湖の配置など、自然のありさま。また、広く自然とそこに住む人間のありさま。地形。
※続日本紀‐天平九年(737)四月戊午「地勢平坦無危嶮
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「妓姿の情態、客子の游風、其の地勢に由て自ら異同有り」 〔周礼‐冬官・匠人〕
② 門地と勢力。家柄と実力。
※源平盛衰記(14C前)一「太政大臣は、訓導之礼重く儀刑之寄深ければ、地勢(チセイ)大といへ共」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android