地勢(読み)チセイ

大辞林 第三版の解説

ちせい【地勢】

土地のありさま。山・川・平野・海など地理的事象の配置のありさま。地貌ちぼう
地形と同じ。特に、それを大観する場合に用いることが多い。
人の地位・立場。よって立つ所。 「 -大いなりといへども、賢慮足らざればその仁に当ることなし/盛衰記 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ち‐せい【地勢】

〘名〙
① 土地の形勢。地形高低・傾斜、谷・川・湖の配置など、自然のありさま。また、広く自然とそこに住む人間のありさま。地形。
※続日本紀‐天平九年(737)四月戊午「地勢平坦無危嶮
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「妓姿の情態、客子の游風、其の地勢に由て自ら異同有り」 〔周礼‐冬官・匠人〕
② 門地と勢力。家柄と実力。
※源平盛衰記(14C前)一「太政大臣は、訓導之礼重く儀刑之寄深ければ、地勢(チセイ)大といへ共」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地勢の関連情報