コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起きて半畳寝て一畳 オキテハンジョウネテイチジョウ

デジタル大辞泉の解説

起(お)きて半畳(はんじょう)寝(ね)て一畳(いちじょう)

人間が必要な広さは、起きている時が半畳で、寝ても一畳あれば足りる。贅沢(ぜいたく)は慎むべきであるという教え。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

起きて半畳寝て一畳

人生に対する清貧姿勢を表す。起きて読書に使う空間は畳半分で十分であり、寝る時には畳一枚分の空間があればいいというわけである。富貴や地位さらには物質的な欲望に対する批判的で冷笑的な態度を示す。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

起きて半畳寝て一畳の関連キーワード起きるベッド

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

起きて半畳寝て一畳の関連情報