コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起きて半畳寝て一畳 オキテハンジョウネテイチジョウ

デジタル大辞泉の解説

起(お)きて半畳(はんじょう)寝(ね)て一畳(いちじょう)

人間が必要な広さは、起きている時が半畳で、寝ても一畳あれば足りる。贅沢(ぜいたく)は慎むべきであるという教え。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

起きて半畳寝て一畳

人生に対する清貧姿勢を表す。起きて読書に使う空間は畳半分で十分であり、寝る時には畳一枚分の空間があればいいというわけである。富貴や地位さらには物質的な欲望に対する批判的で冷笑的な態度を示す。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

起きて半畳寝て一畳の関連キーワード起きるベッド

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

起きて半畳寝て一畳の関連情報