起きて半畳寝て一畳(読み)オキテハンジョウネテイチジョウ

  • 起(お)きて半畳(はんじょう)寝(ね)て一畳(いちじょう)

とっさの日本語便利帳の解説

人生に対する清貧の姿勢を表す。起きて読書に使う空間は畳半分で十分であり、寝る時には畳一枚分の空間があればいいというわけである。富貴地位さらには物質的な欲望に対する批判的で冷笑的な態度を示す。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

ことわざを知る辞典の解説

人間一人が占める広さは、起きているときで畳半分、寝ても畳一畳にすぎない。むやみにや地位を求めることはないというたとえ。

[解説] 続けて「天下取っても二合半」ということもあります。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android