コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半畳 ハンジョウ

デジタル大辞泉の解説

はん‐じょう〔‐デフ〕【半畳】

畳(たたみ)一畳の半分。また、その畳。
江戸時代、芝居小屋などで観客が用いた一人用の小さな敷物。また、その賃貸を業とした「半畳売り」の略称。
芝居で、見物人が役者に対して投げる非難やからかいの言葉。転じて、人の言動を茶化したりやじったりする言葉。「半畳を言う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はんじょう【半畳】

江戸期の劇場の土間席で観客が用いた敷物,またこれを賃貸する〈半畳売り〉の略語。半は畳表へ布地を貼った粗末なもので,賃貸料は貞享年間(1684‐88)で5文,1803年(享和3)に10文。〈半畳を入れる〉〈半畳を打ち込む〉という通語は,俳優の演技などに不満・反感を表現する際,観客がこの敷物を舞台に投げる行為から起こった。半畳売りは観客の勧誘やその他大道具手伝いなど劇場雑務を兼任し,火縄売りとともに〈声番〉が任務にもなっていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はんじょう【半畳】

畳の一畳の半分。 「畳-ぐらいの広さ」
江戸時代、劇場の土間で観客の用いたござ。また、それを売る雑役係。
「半畳を入れる」から転じて、相手をからかったりやじったりすること。また、その言葉。 「高見の見物で-を云つてゐられる/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

半畳の関連キーワード入れる・容れる・淹れる起きて半畳,寝て一畳起きて半畳寝て一畳妓夫台・牛台四畳半切り半畳を打つ膝突き・軾間半・間中桝床の席茶室一覧芝居小屋ベッド入れる起きるこたつ女の家押入れ琉球畳膝突き表半畳

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半畳の関連情報