二合半(読み)ニゴウハン

大辞林 第三版の解説

にごうはん【二合半】

二合五勺。こなから。
〔一日二合半の扶持米を受ける人の意〕 身分の低い人。 「武士の禄での-/歌舞伎・名歌徳」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にごう‐はん ニガフ‥【二合半】

〘名〙
① 二合五勺(〇・五リットル)のこと。多く比喩的に用いて、酒・飯などの量の少ないのにいう。
※歌舞伎・暫(1714)「ぐっと一杯二合半」
② 二合五勺入りの飯入れ。転じて、武家の下級の奉公人。一日五合の扶持米を朝夕二度に食べたところからいう。また、身分の低い奴(やっこ)などを卑しめてもいう。
※俳諧・西鶴五百韻(1679)何餠「今度かかゆる地獄農馬とり〈西鶴〉 斎も非時も二合半なる月の空〈西友〉」
③ 一食に食べられる限度。「起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半」
④ (一升の四半分であるところから) 一歩(三・三〇六平方メートル)の四分の一、すなわち三尺四方の称。〔俚言集覧(1797頃)〕
⑤ 割り当てたあと、余った田。
※俚言集覧(1797頃)「奇(あまり)田を二合半と云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android