コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超弾性 チョウダンセイ

2件 の用語解説(超弾性の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょうだん‐せい〔テウダン‐〕【超弾性】

形状記憶合金などがもつ、ある温度域で応力による変形を加えても、加熱することで元の形状に戻る性質。強弾性。擬弾性。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の超弾性の言及

【形状記憶効果】より

…形状記憶合金は従来の金属にない性質をもった合金であるため,最近新しい機能性材料として,パイプの継手,温度感知器あるいは温度調節器,熱エネルギーの機械的エネルギーへの変換機(固体エンジン),人工腎臓用の弁等,幅広く利用されつつある。なお形状記憶合金には,変態温度以上に加熱した状態のもとでは温度を変えなくても応力を除荷するだけで元の形に戻ってしまうゴムのような性質があり,超弾性superelasticityあるいは擬弾性pseudoelasticityと呼ばれる(図)。これは応力負荷時の応力誘起マルテンサイト変態と除荷時の逆変態によって引き起こされるものであり,超弾性ひずみは数%から20%にも及ぶ。…

※「超弾性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

超弾性の関連情報