足跡を残す(読み)そくせきをのこす

精選版 日本国語大辞典「足跡を残す」の解説

そくせき【足跡】 を=残(のこ)す[=印(しる)す]

成し遂げた仕事や成果後世に残す。
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉読書放浪「三百年来全く秘密に包まれてゐたのが段々明るみへ持出されると意外な大きな足跡を残してゐたのが解ったから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android