コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足軽大将 あしがるだいしょう

大辞林 第三版の解説

あしがるだいしょう【足軽大将】

戦国時代より江戸時代にかけて、足軽の部隊を指揮する者。また、その職。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の足軽大将の言及

【足軽】より

…大名,直参,陪臣の諸家では,年に金5両二人扶持程度の給金で領分や知行所などから召し抱え,それを足軽組に編制して諸役の下役に配属し,門番などの雑役に使役した。足軽は,近世初頭に歩兵として槍・弓・鉄砲の各部隊に編制されて足軽大将に率いられ,主力戦闘集団を形成していた。江戸幕府では先手(さきて)弓組・鉄砲組,鉄砲百人組,持弓組・持筒組をはじめ諸役所属の同心がその系譜を引くという。…

【軍奉行】より

…もともと諸家に仕える五位・六位の侍の家筋のものが任じられ,1183年(寿永2)木曾義仲追討の平氏軍の侍大将には越中前司盛俊,上総大夫判官忠綱,飛驒大夫判官景高,越中次郎兵衛盛嗣,悪七兵衛景清らがいた(〈《平家物語》〉)。戦国時代には諸大名が侍大将を設けたが,これは一組の侍を預かる部将の意で,足軽を預かる足軽大将の上位にあった。近世には番頭(ばんがしら)と呼ばれた。…

【物頭】より

…戦国・江戸時代の武家の職名あるいは格式の一つ。一般に歩兵の足軽,同心などからなる槍(長柄(ながえ))組,弓組,鉄砲組などの頭(足軽大将)をいう。侍組(騎兵)の頭(侍大将)である番頭(ばんがしら)につぐ地位にあった。…

※「足軽大将」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

足軽大将の関連キーワード三科伝右衛門初鹿野源五郎初鹿野昌次与力・寄騎駒木根利政今井信俊曾根昌世江戸時代今村正員山本勘助骨皮道賢戦国時代横田康景原大隅守多田満頼山脇重信横田高松小幡昌盛馬切衛門箕冠城

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足軽大将の関連情報