足軽(読み)あしがる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足軽
あしがる

武家時代の歩卒雑兵のこと。「足軽く駆け回る者」の意。鎌倉時代の軍記物にすでに足軽という名称がある。当時の戦争は,騎馬による個人的戦闘が主であるから,足軽は,主要戦闘力としてではなく,後方攪乱,放火などに使用され,荘園の一般農民から徴発された。鎌倉時代末期から南北朝動乱以降,戦闘形態が,個人的戦闘から次第に歩卒による集団的戦闘に変化していくに従って,戦争における足軽の活躍が顕著になった。室町時代には,平時は農耕に従事する農民が戦時には陣夫として徴発される体制が一般的に成立した。特に山城,大和などは荘園制の崩壊,農民層の分解が早かったので,この体制の成立も早かった。応仁,文明の大乱 (→応仁の乱 ) のときには,畿内には山城足軽衆や郡山足軽衆などと呼ばれる足軽の組織があって,東西両軍いずれかの陣営に属していた。彼らは経済的目的のみに走り,放火略奪をもっぱらにした。一条兼良が『樵談治要』のなかでこれを時局の弊としてあげているのは有名。戦国時代になると,戦国大名の統制によって,兵農分離が進み,戦争も鉄砲,火薬などが使用されるようになったのでその重要性が増し,訓練された歩卒となり,足軽大将の下に鉄砲足軽弓足軽として常備軍に編入された。江戸時代には,制度化され,城下町に移住,足軽町としてその一画を形成し,平時は雑役に,戦時は足軽組に属して歩卒となるという最下層の武士団を形成した。明治維新後は一時「」と呼ばれたが,廃藩のときは,その一部が士族に編入された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

足軽【あしがる】

中世以後の雑兵(ぞうひょう)の称。南北朝期以後,従来の騎馬戦から歩兵の集団戦への移行に伴い活躍。《太平記》などではゲリラ集団として描かれるが,その多くは特殊部隊ではなく,村落などからの傭兵(ようへい)であった。応仁・文明の乱の時期には,無統制で乱暴狼藉(ろうぜき)などを行ったと都の貴族らに評されたが,戦国大名のもとで弓足軽,鉄砲足軽などに編成された歩卒となった。特に武田軍を破った織田信長の足軽鉄砲隊は有名。江戸時代には武士の最下層に位置し,明治維新後は卒族に編入され,一部は士族に加えられた。
→関連項目樵談治要大名行列中間野伏碧山日録渡部斧松

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あしがる【足軽】

日本中世を通じてゲリラ戦術に駆使された身分の低い兵士。また〈足軽に出立〉〈足軽を懸ける〉というように,その装備や行動をもいう。もと足軽にすばやく行動する者の意。平安末期の《平家物語》や南北朝期の《太平記》に散見する足軽は,戦いに先立ち敵方の市中に放火してまわる〈足かる共〉や,犬を使い暗闇に働き,夜半に“歩立(かちだち)”で敵城に忍び入る〈足軽ノ兵〉など,いずれも戦場の裏面で放火・忍びなど敵背のかく乱工作に従うゲリラ集団として描かれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あしがる【足軽】

〔足軽く疾走する者の意〕
戦闘に駆使される歩卒・雑兵をさす。集団戦の普及とともに訓練・組織され、室町時代末には弓足軽・鉄砲足軽などに編成され、足軽大将に率いられた。江戸時代には武士の最下層に位置づけられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足軽
あしがる

中世において出現した軽装歩兵の呼称で、戦国時代以後組織化され、近世になって武士の最下層に位置づけられた身分。中世では、疾足(しっそく/はやあし)ともよばれた。『平家物語』『太平記』などには、敵方を攪乱(かくらん)するための兵として描かれている。南北朝内乱期に活躍した野伏(のぶし)の系譜を引くともいわれる。足軽の活動が顕著となるのは、応仁(おうにん)・文明(ぶんめい)の乱(1467~1477)のころで、『樵談治要(しょうだんちよう)』では「超過したる悪党」「ひる強盗」と記され、武士・公家(くげ)階級を脅かす存在であった。足軽の戦法は「甲ヲ(かん)セズ戈ヲトラズ、タダ一剣ヲモツテ敵軍ニ突入ス」(『碧山日録(へきざんにちろく)』)ともいわれるが、武士と異なり逃げることを恥とせず、集団戦を得意としていた。当時、足軽は傭兵(ようへい)的性格が強く、多様な階層より構成され、京都、奈良の近郊荘園(しょうえん)村落が主要な供給源の一つであり、土一揆(つちいっき)、徳政一揆の武力とも重なるところがあったと思われる。また、京都市中では足軽の放火、略奪行為も目だち、東寺が、足軽に加わることを禁じているように、社会問題化した現象でもあった。戦国時代、戦国大名は足軽の組織化を図り、郷村(ごうそん)支配の進展に伴って農兵の徴発を強化した。一方、織田信長の足軽鉄砲隊に代表されるように、鉄砲の普及によって常備軍化する傾向も強く、足軽の武器別編成も生まれた。近世、足軽は武士の最下層に身分として固定され、平時には雑役をも務めた。なお、明治維新後は卒(そつ)族と呼称され、廃藩置県後には士族に編入されている。[小島 晃]
『三浦周行著「戦国時代の国民議会」「土一揆」(『日本史の研究 第1輯』1922・岩波書店・所収) ▽鈴木良一著『応仁の乱』(岩波新書) ▽中村通夫・湯沢幸吉郎校訂『雑兵物語・他』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あし‐がる【足軽】

〘名〙
① (形動) 足の動きが軽快なこと。敏速に歩行したり、行動したりすること。
※源平盛衰記(14C前)四二「御方の軍兵一千余騎、足軽(アシカル)に出立て」
② 中世、合戦で、軽装で敵地を放火、略奪するなど攪乱戦法に従事すること。また、それを行なう俊敏な兵。あしがろ。
※平家(13C前)四「足がる共四五百人さきだて、白河の在家に火をかけてやきあげば」
③ 戦国時代、集団戦が合戦の主流となるなかで、長槍、鉄砲などを扱う兵として編成された雑兵・歩卒。江戸時代には諸藩で歩卒のことをいったが、士分とは区別された。明治維新に際し、卒(そつ)族とされたが、明治五年に廃止され、士族または平民に編入された。
※碧山日録‐応仁二年(1468)六月一五日「客云、東陣有精鋭之徒三百余人、号足軽
※禁令考(1756‐1841)別巻・以上并武家御扶持人例書・三「武家之足軽中間之類は、百姓町人等御仕置同様」
④ 足の早い人。
※曾我物語(南北朝頃)五「『申べき子細候、しばしとどまり給へ』とて、あしがるをはしらしむ」
⑤ 船の荷物を満載しない軽荷状態。軽足。
※船方規定書(1830)「足軽に而難風に出逢候共、凌方十分に行届、自然海難之患無少」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の足軽の言及

【徒士】より

…武士身分としての徒士は,徒士侍とも称され,将軍・大名,大身の武士の家中にみられる,騎乗を許されない徒歩の軽格の武士をいう。騎乗を許された侍とともに士分として扱われ,足軽・中間(ちゆうげん)の軽輩とは区別されていた。しかし,一口に士分とはいっても徒士と侍との間には格式の上で大きなへだたりがあった。…

【合戦】より

…〈将は将をねらう〉,これが少なくとも源平時代の戦闘様式の基本であり,騎馬の士が雑兵の手にかかることは恥とされた。後世,足軽の活躍によって戦闘法に変化をきたした室町中期以後でさえ,足軽の一矢に命をおとすことは〈当座の恥辱のみならず,末代の瑕瑾(かきん)を残せる〉(一条兼良《樵談治要》)といわれた。 その後,騎射戦とともに徒歩戦も盛んとなり,ことに市街戦などの場合は武士も雑兵も乱戦状態を呈した。…

【奉公人】より

…奉公人という称呼は,中世では上位の従者,家臣をさすものとして用いられるのが一般的であった。御恩・奉公【佐藤 堅一】
【武家奉公人】
 近世初頭までは侍身分の者をも奉公人のうちに加えていたが,江戸時代では将軍や大名,旗本・御家人や大名の家中に雇用された若党(わかとう),足軽中間(ちゆうげん),小者(こもの),六尺,草履取(ぞうりとり),ときに徒士(かち)などの軽輩をさし,軽き武家奉公人ともいう。その平生の身分は百姓,町人であり,武家奉公中のみ家業として帯刀が許され,奉公さきの家来の取扱いをうけた。…

【物頭】より

…戦国・江戸時代の武家の職名あるいは格式の一つ。一般に歩兵の足軽,同心などからなる槍(長柄(ながえ))組,弓組,鉄砲組などの頭(足軽大将)をいう。侍組(騎兵)の頭(侍大将)である番頭(ばんがしら)につぐ地位にあった。…

※「足軽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足軽の関連情報