跡を尋む(読み)あとをとむ

精選版 日本国語大辞典の解説

あと【跡】 を 尋(と)

(「とむ」は、尋ね求めるの意)
① 行先を尋ねる。あとを追う。
山家集(12C後)下「雪凌ぐ庵のつまをさし添へて跡とめて来む人を止めん」
② 昔のことや先人の事跡を尋ね求める。また、それに従って行動する。追随する。
※新古今(1205)雑中・一六四六「さがの山千代のふるみち跡とめて又露分くるもち月の駒〈藤原定家〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android