蹌踉めき(読み)ヨロメキ

デジタル大辞泉の解説

よろ‐めき【蹌踉めき】

よろめくこと。
妻が夫以外の男性にときめきを感じたり、誘惑されて浮気をしたりすること。「蹌踉めきドラマ」
[補説]昭和32年(1957)刊の三島由紀夫の小説「美徳のよろめき」から流行した語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android