コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三島由紀夫 みしまゆきお

8件 の用語解説(三島由紀夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三島由紀夫
みしまゆきお

[生]1925.1.14. 東京
[没]1970.11.25. 東京
小説家,劇作家。本名,平岡公威 (きみたけ) 。学習院高等科を経て 1947年東京大学法科卒業。第2次世界大戦中『日本浪曼派』の影響を受けて文芸に親しみ,短編集『花ざかりの森』 (1944) を刊行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みしま‐ゆきお〔‐ゆきを〕【三島由紀夫】

[1925~1970]小説家・劇作家。東京の生まれ。本名、平岡公威(ひらおかきみたけ)。小説「仮面の告白」で作家としての地位を確立、以後、唯美的傾向と鋭い批評精神を特質とする作品を発表。割腹自殺。小説「金閣寺」「潮騒(しおさい)」「豊饒の海」、戯曲集「近代能楽集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三島由紀夫【みしまゆきお】

小説家,劇作家。本名平岡公威(きみたけ)。東京生れ。東大法学部卒。官吏を辞して創作に専念,長編《仮面の告白》(1949年)で文壇に出た。世の良識が不道徳,退廃とするものを,典雅な文体と構成の中に描いた作品が多い。
→関連項目磯田光一市川崑近代文学群像渋沢竜彦野坂昭如土方巽細江英公安岡正篤ユルスナール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三島由紀夫 みしま-ゆきお

1925-1970 昭和時代後期の小説家。
大正14年1月14日生まれ。昭和24年「仮面の告白」で作家の地位を確立,古典的様式美とエロスを追究した。のちナショナリズムに傾斜し,「楯(たて)の会」を結成。昭和45年11月25日自衛隊市谷駐屯地において,隊員に決起をうながす演説のあと切腹した。45歳。東京出身。東大卒。本名は平岡公威(きみたけ)。代表作に小説「金閣寺」「豊饒(ほうじょう)の海」,戯曲「鹿鳴館(ろくめいかん)」など。
【格言など】本当の文武両道が成立つのは,死の瞬間にしかないだろう(三島由紀夫カタログ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典の解説

三島由紀夫

1925〜1970(大正14年〜昭和45年)【小説家】世界中に著作が翻訳されている戦後文学の代表的作家。 市ヶ谷自衛隊で割腹自殺。昭和期の小説家・劇作家。東京都出身。東大卒。学習院時代、16歳で「文芸文化」に「花ざかりの森」を発表するなど、早熟な才能を著わし、東大在学中には文壇に入った。卒業後勤めた大蔵省を9ヶ月で退職し、本格的な作家生活を開始。1949年(昭和24)「仮面の告白」で注目を集め、「禁色」「金閣寺」「サド侯爵夫人」など華麗で絢爛たる三島文学を築いた。「楯の会」を組織するなど軍国主義的な行動も示し、70年「豊穣の海」を書き上げたその日に、自衛隊市ヶ谷駐屯地に赴き決起を訴えた後、割腹自殺。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みしまゆきお【三島由紀夫】

1925‐70(大正14‐昭和45)
小説家,劇作家。東京生れ。本名平岡公威(きみたけ)。1931年学習院初等科に入り,高等科まで学習院で学ぶ。この時代に文学活動を開始し,第1作品集《花ざかりの森》(1944)を刊行。20歳で敗戦をむかえるが,敗戦を何ものかの喪失と感じた時代感覚は,のちに三島の思想の根幹を形づくる。47年に東大法学部を卒業。49年に《仮面の告白》を刊行して作家としての地位を確立し,つづいて長編小説《愛の渇き》《青の時代》(ともに1950)を刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みしまゆきお【三島由紀夫】

1925~1970) 小説家・劇作家。東京生まれ。本名、平岡公威きみたけ。東大卒。絶対者の希求、美的死生観、様式美への憧憬を昇華させて唯美的世界を構築。その傾向はしだいにナショナリズム的色彩を強めた。割腹自殺。著「仮面の告白」「潮騒」「金閣寺」「鹿鳴館」「憂国」「豊饒の海」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三島由紀夫
みしまゆきお
(1925―1970)

小説家。本名平岡公威(きみたけ)。父梓(あずさ)と母倭文重(しずえ)の長男として大正14年1月14日東京四谷(現新宿区)に生まれる。満年齢が昭和の年数と一致するという点にも時代との関係がみられる。1931年(昭和6)学習院初等科に入り、高等科まで学習院で学ぶ。10代前半から小説を発表し、44年、小説集『花ざかりの森』を刊行した。恩師清水文雄を通じて国文学の伝統を知り、日本浪曼(ろうまん)派の間接的な影響を受けていた。44年、東京帝国大学法学部に入学、翌年勤労動員先の工場で日本の敗戦を知る。戦争と三島との関係は、孤独な少年の夢みた滅亡の美への共感が、時代と協和音を奏でていたものと想定される。46年(昭和21)川端康成(やすなり)の推薦で短編『煙草(たばこ)』を発表、早熟の新人として認められ、長編『仮面の告白』(1949)で作家としての地位を確立した。この時代の三島の作風は、民主主義の確立を目ざす動向に同調せず、華麗な美の創造を目ざしたが、その根底にはニヒリズムがあって、それが同時代の読者とのきずなになっていた。続いて『愛の渇(かわ)き』(1950)、『青の時代』(同)を発表したが、52年のギリシア訪問の影響で「外面の均斉」とギリシア的健康に共感し、これが『潮騒(しおさい)』(1954)に結実するとともに、作風も知的均斉を重んじるようになる。『金閣寺』(1956)はこの時期の頂点を示す小説である。やがて『鏡子の家』(1959)で戦後という時代への決算を小説の形で行う。
 60年安保の翌年、短編『憂国』で二・二六事件の青年将校を描く(この作品はのち65年に自ら製作・脚色・監督・主演して、能形式により映画化した)。その後、昭和への関心が強まり、評論『林房雄論』(1963)を通って『英霊の声』(1966)に至る。三島は劇作家としても優れた才能を示し、『近代能楽集』(1956刊)、『鹿鳴館(ろくめいかん)』(1957)などを出していたが、その後『サド侯爵夫人』(1965)のような秀作もある。また擬古典的な歌舞伎(かぶき)劇の新作にも優れた才能を示し、『鰯売恋曳網(いわしうりこいのひきあみ)』(1954)、『椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)』(1969)などは好評を博した。小説は『宴(うたげ)のあと』(1960)、『絹と明察』(1964)などがあったが、1960年代の後半に至って「文武両道」を唱えるようになると、「文」に対立する「武」の領域に実践が現れた。すなわち自衛隊に体験入隊し、「楯(たて)の会」を結成する。この時期に最後の長編『豊饒(ほうじょう)の海』(全4巻、1970完結)を書き続けたが、1970年(昭和45)11月25日午前、「楯の会」の学生森田必勝ほか3名とともに自衛隊市ヶ谷駐屯地に至り、決起を呼びかけたが果たさず、総監室で割腹自殺した。西欧的な知性に基づく様式感覚と昭和のナショナリズムとの両者に根ざしている三島の思想と文学は、晩年には戦後社会へのアンチテーゼとして後者のナショナリズムに賭(か)けたとみられる。[磯田光一]
『『三島由紀夫全集』35巻・補巻1(1973~76・新潮社) ▽磯田光一著『殉教の美学』(1964・冬樹社) ▽野口武彦著『三島由紀夫の世界』(1968・講談社) ▽佐伯彰一著『評伝三島由紀夫』(1978・新潮社) ▽『日本文学研究資料叢書 三島由紀夫』(1971・有精堂出版) ▽『三島由紀夫事典』(1976・明治書院) ▽『新潮日本文学アルバム 三島由紀夫』(1983・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三島由紀夫の言及

【仮面の告白】より

三島由紀夫の長編小説。1949年(昭和24)に書下ろしで河出書房から刊行。…

【新劇】より

…その意味では青山杉作,千田是也,東野英治郎,小沢栄太郎らで1944年に創立された〈俳優座〉の活動がまず注目される。すなわち,過去の政治的主題偏重の反省に立ち,俳優術そのものの再検討によって演劇表現の〈アカデミズム〉を確立しようとした俳優座は,48年に〈創作劇研究会〉を発足させ,三島由紀夫ら新人劇作家に上演の場を提供するとともにこれを演技研究の場ともした。49年秋には,俳優座演劇研究所を創立,3年制の俳優養成機関も付属させ,さらに54年4月には,独力で俳優座劇場を建設・開場して,他の新劇団にも開放した。…

【唯美主義】より

…これをうけて,フランスの悪魔主義の作家ペラダンは《トルストイに応える》を書き,〈美が生み出すのは感情を観念に転化する独自の歓び,つまり抽象的な動きである〉と反論した。これは唯美主義の本質をつく言葉であり,ワイルドにも,またその影響が濃厚な《禁色》の作家三島由紀夫や,同じくワイルドの《謎をもたぬスフィンクス》を種本に短編《秘密》を書いた谷崎潤一郎にも当てはまる。 19世紀以来の唯美主義は観念的美の世界と悪魔的な官能美への惑溺,すなわちデカダンスdécadenceの二極を絶えず往復しているが,これはスウィンバーンに影響を与えたフランスの文学者ゴーティエボードレールに始まる。…

※「三島由紀夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三島由紀夫の関連キーワード横山蜃楼昭和町参与官杳子明石恵達黒須康之介西口彰西久光菱田唯蔵村山浩一

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三島由紀夫の関連情報