コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蹴放し ケハナシ

デジタル大辞泉の解説

け‐はなし【蹴放し】

門・戸口の扉の下にあって内外を仕切る、溝のない敷居。
衣類などの、歩行のとき足のつま先に当たる部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けはなし【蹴放し】

門・戸の閾しきみの一。溝のない、取りはずしができるものをいう。 → しきみまぐさ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蹴放しの関連キーワード内外戸口敷居