戸口(読み)とぐち

精選版 日本国語大辞典 「戸口」の意味・読み・例文・類語

と‐ぐち【戸口】

〘名〙
① 戸の立ててある建物出入り口。家の出入り口。
※竹取(9C末‐10C初)「翁も塗り籠めの戸をさして、戸口にをり」
② 口をいう、大工・盗人仲間の隠語
※新ぱん普請方おどけ替詞(1818‐30頃か)「くちを、戸口」
出発点。また、原因
朝寝髪(1899)〈斎藤緑雨〉一「人の噂は戸口(トグチ)を言はず、中程を言はず、屹度果(はて)を言ふものに極って居ても」

こ‐こう【戸口】

〘名〙
戸数人口。家の数と人の数。
続日本紀‐和銅五年(712)五月甲申「太政官奏偁郡司有能繁殖戸口、〈略〉在職匪懈、立身清慎」 〔史記‐高祖功臣年表〕
② 家の出入り口。とぐち。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「戸口」の意味・読み・例文・類語

と‐ぐち【戸口】

戸の立ててある、家の出入り口。
[類語]玄関門口勝手口表口門戸もんこ車寄せポーチエントランス

こ‐こう【戸口】

戸数と人口。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「戸口」の読み・字形・画数・意味

【戸口】ここう

人口。

字通「戸」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android