歩行(読み)ほこう

精選版 日本国語大辞典「歩行」の解説

ほ‐こう ‥カウ【歩行】

いて他の所へ行くこと。あるくこと。かちありき。
明月記‐治承四年(1180)二月二一日「博陸已下、自閑院于五条内裏、歩行云々」 〔史記‐項羽本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の歩行の言及

【運動】より

…このような移動運動locomotionこそ動物を動物たらしめた基本的な特徴といってよい。移動運動の様式には遊泳,匍匐(ほふく),歩行,跳躍,走行,飛翔(ひしよう),帆翔,ジェット推進などいろいろあり,そのために使われる器官(運動器官)や機構もさまざまである。筋肉運動の場合は,関節をもつ骨格とそれに付着する伸筋・屈筋の組合せが一般的であり,骨格は無脊椎動物では外骨格,脊椎動物では内骨格になる。…

【身ぶり語】より

…逆にまた,他者の存在するところでは,あらゆる動作は身ぶり的になりうるともいえる。 たとえば,歩行のような基本的動作においても,日本の近世の遊女のいわゆる花魁(おいらん)道中の練り歩きや,大名行列の際の奴(やつこ)の行列,あるいは映画の中でマリリン・モンローが見せた〈モンロー・ウォーク〉などでは,周囲の観衆を意識して,歩行の動作は明らかに身ぶり化している。けれども,歩行の様態が表現的,伝達的であるのは,別にこのように高度に様式化された場合にかぎらない。…

※「歩行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android