コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車大 しゃだい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

車大 しゃだい

?-? 江戸時代後期の俳人。
加賀金沢の人。和田後川(ごせん)の門人。寛政9年(1797)暮柳舎3代をつぎ,初代暮柳舎(和田希因)の五十回忌追善集「ゆめのあと」をあむ。撰集に「あめのはし」など。初号は黄山舎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

車大の関連キーワードGKNドライブライントルクテクノロジーエバンズ(Oliver Evans)エンデ(Michael Ende)ヨゼフ シュクヴォレツキーバッシャール・アル アサドトヨタ東京自動車大学校玖珠駐屯地武器紛失事件トヨタ神戸自動車大学校韓国の自転車普及状況ファビアン クローネ日産横浜自動車大学校帰って来たヨッパライ日産栃木自動車大学校日産京都自動車大学校兵庫県神戸市須磨区車静岡工科自動車大学校ミヒャエル エンデ北九州自動車大学校千葉県自動車大学校水素ステーション

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

車大の関連情報