コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田希因 わだ きいん

美術人名辞典の解説

和田希因

徳川中期の俳人。通称綿屋彦右衛門、号は幾因・希因・暮柳舎等。金沢生。北枝支考・乙由に俳諧を学ぶ。芭蕉直門歿後の北陸地方における重鎮で、伊勢派俳人の翹楚と仰がれた。寛延3年(1750)歿、51才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田希因 わだ-きいん

1700-1750 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)13年生まれ。加賀金沢で酒造業をいとなむ。蕉門(しょうもん)の立花北枝(ほくし),各務支考(かがみ-しこう),中川乙由(おつゆう)にまなび,北陸の伊勢(いせ)派俳人の中心となる。門人高桑闌更(たかくわ-らんこう)ら。寛延3年7月11日死去。51歳。没後,子の和田後川(ごせん)が「暮柳発句(ぼりゅうほっく)集」を刊行。通称は綿屋彦右衛門。別号に暮柳舎など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

和田希因の関連キーワード飯島珈涼尼井田寒涯河合見風建部綾足中川麦浪勝見二柳堀麦水車大一菊既白

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android