軍評定(読み)イクサヒョウジョウ

デジタル大辞泉の解説

いくさ‐ひょうじょう〔‐ヒヤウヂヤウ〕【軍評定】

合戦の前に行う作戦会議。
「まづ鎌倉の―をぞせられける」〈太平記・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いくさひょうじょう【軍評定】

合戦の前に行う軍議。 「元春御存生の時、隆景と互の-/陰徳太平記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いくさ‐ひょうじょう ‥ヒャウヂャウ【軍評定】

〘名〙 合戦の前に行なわれる作戦会議。軍(いくさ)定め。軍内談(いくさないだん)。軍評議。
中華若木詩抄(1520頃)上「さう云ても、かなわぬことなれば、軍さ評定あるべしとて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android