コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪状軟骨 りんじょうなんこつcricoid cartilage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輪状軟骨
りんじょうなんこつ
cricoid cartilage

喉頭軟骨の一つで,甲状軟骨の下方にある。気管を取巻く輪状の骨であるが,後部が著しく高く,喉頭の後壁の大部分を形成する。外側面で甲状軟骨と,後壁上縁で披裂軟骨とそれぞれ関節を形成している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の輪状軟骨の言及

【喉頭】より

…この原型は肺魚にもみられるが,系統進化とともに複雑な構造となる。両生類の喉頭軟骨の基本は1対の側軟骨であるが,一部の両生類では側軟骨が分化した披裂軟骨と輪状軟骨をもつ。爬虫類や鳥類でもほぼ同じ構造であるが,ワニ類では甲状軟骨をももつ。…

※「輪状軟骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

輪状軟骨の関連キーワード首(くび)上皮小体甲状腺食道

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android