コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲状軟骨 こうじょうなんこつthyroid cartilage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲状軟骨
こうじょうなんこつ
thyroid cartilage

喉頭部の軟骨のうち最大のもので,喉頭前壁の大部分を占める。その後面には声帯の前端が付着しているので,帯筋の伸縮に応じて上下に移動する。体表からは,俗に「のどぼとけ」とか「アダムのリンゴ」と呼ばれる喉頭隆起として容易に触れることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうじょう‐なんこつ〔カフジヤウ‐〕【甲状軟骨】

喉頭(こうとう)にある最大の軟骨。喉頭全体を鎧(よろい)状に保護している。頸部(けいぶ)前面中央の隆起したところはのどぼとけと呼ばれ、男子では特に発達が顕著である。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

甲状軟骨【こうじょうなんこつ】

喉頭(こうとう)の外郭をつくる軟骨。楯(たて)状なのでこの名がある。その前面は成人男子では首の正中皮下に突出し喉頭隆起といい,〈のどぼとけ〉または〈アダムのリンゴ〉と呼ばれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうじょうなんこつ【甲状軟骨】

喉頭の前壁と側壁の支柱をなす大きな楯状の軟骨。その正中部の突起(喉頭隆起)は成人の男性では発達して目立ち、「のどぼとけ」と呼ばれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の甲状軟骨の言及

【喉頭】より

…両生類の喉頭軟骨の基本は1対の側軟骨であるが,一部の両生類では側軟骨が分化した披裂軟骨と輪状軟骨をもつ。爬虫類や鳥類でもほぼ同じ構造であるが,ワニ類では甲状軟骨をももつ。哺乳類では喉頭口を閉じる喉頭蓋軟骨が加わり,靱帯と喉頭内筋・外筋,それと舌骨装置の甲状舌骨などと連結して,それぞれの生活様式に適応した複雑な構造となる。…

※「甲状軟骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

甲状軟骨の関連キーワード喉頭運動まひ(反回神経まひ)音声障害(声の病気)ベー チェチョル頸動脈・頚動脈内頸動脈・静脈のど(喉)首(くび)茶馬貿易声変わり前庭ヒダ外頸動脈気管切開喉頭結節総頸動脈輪状軟骨喉頭蓋頸動脈突起側壁気管

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android