コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲状軟骨 こうじょうなんこつthyroid cartilage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲状軟骨
こうじょうなんこつ
thyroid cartilage

喉頭部の軟骨のうち最大のもので,喉頭前壁の大部分を占める。その後面には声帯の前端が付着しているので,声帯筋の伸縮に応じて上下に移動する。体表からは,俗に「のどぼとけ」とか「アダムのリンゴ」と呼ばれる喉頭隆起として容易に触れることができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうじょう‐なんこつ〔カフジヤウ‐〕【甲状軟骨】

喉頭(こうとう)にある最大の軟骨。喉頭全体を鎧(よろい)状に保護している。頸部(けいぶ)前面中央の隆起したところはのどぼとけと呼ばれ、男子では特に発達が顕著である。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

甲状軟骨【こうじょうなんこつ】

喉頭(こうとう)の外郭をつくる軟骨。楯(たて)状なのでこの名がある。その前面は成人男子では首の正中の皮下に突出し喉頭隆起といい,〈のどぼとけ〉または〈アダムのリンゴ〉と呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こうじょうなんこつ【甲状軟骨】

喉頭の前壁と側壁の支柱をなす大きな楯状の軟骨。その正中部の突起(喉頭隆起)は成人の男性では発達して目立ち、「のどぼとけ」と呼ばれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の甲状軟骨の言及

【喉頭】より

…両生類の喉頭軟骨の基本は1対の側軟骨であるが,一部の両生類では側軟骨が分化した披裂軟骨と輪状軟骨をもつ。爬虫類や鳥類でもほぼ同じ構造であるが,ワニ類では甲状軟骨をももつ。哺乳類では喉頭口を閉じる喉頭蓋軟骨が加わり,靱帯と喉頭内筋・外筋,それと舌骨装置の甲状舌骨などと連結して,それぞれの生活様式に適応した複雑な構造となる。…

※「甲状軟骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone