輻射能(読み)ふくしゃのう(英語表記)emissivity

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輻射能
ふくしゃのう
emissivity
emissive power

温度Tで熱平衡状態にある物質表面から放出される熱輻射エネルギーと、同温度の黒体輻射エネルギーとの比。「単位立体角当り(の輻射能)」「単位振動数当り(の輻射能)」など、状況に応じて使い分ける必要があるが、比なので無次元量である。たとえば単位振動数当りの輻射能をE(ν, T)、吸収能をA(ν, T)とすれば、K(ν, T)=E(ν, T)/A(ν, T)が成り立つ。K(ν, T)は放射強度とよばれ、振動数と温度だけで決まり物質の性質にはよらない(熱輻射に関するキルヒホッフの法則。「熱放射」の語を使うこともある)。

[久我隆弘 2015年12月14日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android