コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輻射(読み)フクシャ

デジタル大辞泉の解説

ふく‐しゃ【×輻射】

[名](スル)《「輻」は車輪の「や」で、中心部の轂(こしき)から放射状に並んだ木》
車の輻(や)のように、中央の一点から周囲に射出すること。
放射2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくしゃ【輻射】

( 名 ) スル
〔車の輻のように、ある一点から周囲に放射状に射出する意〕
放射ほうしや」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輻射
ふくしゃ
radiation

物体からの距離の2乗に反比例してその強度が減衰していくような、等方的な電磁波やエネルギーの放出形態。黒体射(熱輻射)、不要輻射(EMI:electromagnetic interference)などがある。レーザー光のような指向性の高い電磁波の放出や、ランダムな方向への粒子の放出は、放射emissionとよび、輻射とは区別して用いる。[久我隆弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の輻射の言及

【放射】より

…輻射(ふくしゃ)ともいう。狭義には物体が電磁波(光)を放出すること,または放出された電磁波のことをいうが,広義には原子核から出るα線,β線,γ線の放射線も含む。…

※「輻射」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

輻射の関連情報