コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辞林 ジリン

大辞林 第三版の解説

じりん【辞林】

言葉を多く集めて解釈した書物。辞書。
国語辞典。金沢庄三郎編。1907年(明治40)刊。新しい工夫を盛り込んだ実用国語辞典として評価を得、11年(明治44)の大改訂を経て、25年(大正14)広辞林に引き継がれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

辞林の関連キーワード倫・凜・吝・悋・林・淋・燐・綸・臨・躙・輪・鈴・隣・鱗高橋新吉(1)金沢 庄三郎佐久間 信恭富田 斅純金沢庄三郎物集 高見高橋 新吉佐久間信恭武道・武術物集高見田中智学国語辞書松村 明ブレーン井上 翠松村明三省堂詞林

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android