辰の市(読み)タツノイチ

デジタル大辞泉の解説

たつ‐の‐いち【×辰の市】

古代、大和国添上郡(現在の奈良市内)に、辰の日ごとに定期的に立った市。
「無き名のみ―とはさわげどもいさまだ人をうるよしもなし」〈拾遺・恋二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たつのいち【辰の市】

古代、大和国添上郡(現在の奈良市)で、辰の日に立った市。⦅歌枕⦆ 「市は、-。さとの市。つば市/枕草子 14」 「なき名のみ-とは騒げども/拾遺 恋二

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たつ【辰】 の 市(いち)

昔、辰の日ごとに大和国添上郡(奈良県北部)に定期的に立った市。
※枕(10C終)一四「市は、たつのいち、さとの市、つば市」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android