いち

精選版 日本国語大辞典「いち」の解説

いち

〘接頭〙 主として形容詞、時に名詞動詞の上について、勢いのはなはだしい意味、すぐれている意味をつけ加える。「いちさかき」「いちしろし」「いちはやぶ」「いちはやし」「いちもち」「いちあし」など。
[補注]「いたく(・甚)」の「いた」、「いつかし()」の「いつ」、副詞の「いと(最・甚)」と同語源か。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「いち」の解説

いち

[接頭]《副詞「いた(甚)」「いと」と同語源》形容詞や名詞などに付いて、勢いのはげしい意、また、すぐれた、すばらしいという意を表す。「いちじるしい」「いちはやし」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android