コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辰刻 シンコク

大辞林 第三版の解説

しんこく【辰刻】

〔「辰」 「刻」ともに時の意〕
とき。時刻。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の辰刻の言及

【時刻】より


[中国の時刻制度]
 中国では王朝の交替によって暦法は改められたが,時法はいちおう不変で1日100刻制で一貫していた。また実用時刻法としては12辰刻を採用していたので,1辰刻は81/3刻に相当していた。これを表現するのに1辰刻を初,正に二分し,おのおのに初刻,1刻,2刻,3刻,4刻があったが,初刻だけが古刻という短い時間であった。…

※「辰刻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

辰刻の関連キーワード神・伸・侵・信・呻・唇・娠・宸・寝・寢・審・心・愼・慎・振・斟・新・晨・森・津・浸・深・滲・申・疹・眞・真・神・箴・紳・臣・薪・親・診・賑・身・辛・辰・進・針・鍼・震口籠る・口篭る・口籠もる時(とき)一つ漏刻

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android