(読み)シン

  • ×辰
  • たつ
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

十二支の第五。たつ。
とき。
㋐時刻。
㋑日。日がら。
㋒朝。早朝。
天体。日と月と星。
二十八宿の一。蠍座(さそりざ)。
人名用漢字] [音]シン(漢) [訓]たつ
十二支の5番目。たつ。「戊辰(ぼしん)
日時。日がら。「佳辰吉辰生辰誕辰良辰
日・月・星の総称。「辰宿三辰星辰北辰
[名のり]とき・のぶ・のぶる・よし
十二支の一つで、その5番目。
方角の名。東から南へ30度の方角。東南東。
昔の時刻の名。今の午前8時ごろ、およびその後の2時間。または午前8時前後の2時間。
1にあたる年や日。
陰暦3月の異称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十二支の第5番目。「しん」ともいい、十二支獣として竜があてられる。3月の異称として用いられるほか、時刻としても用いられ、今日の午前8時を中心とした前後2時間を「辰の刻」「辰の時」といった。方角としては東から南へ30度寄った方向をいい、東南東にあたる。南東の方角を辰巳(たつみ)(巽)というが、この辰巳の語は南東から吹いてくる強風をもいう。また江戸時代には、辰巳、辰巳の里の語は、江戸の代表的な岡(おか)場所(未公認の遊里)深川の異称でもあったが、これは深川が江戸の町の南東に位置していたことによる。なお、上方(かみがた)の粋人ことばで「辰を上げる」といえば、物を盗む、ちょろまかすことを意味した。

[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 十二支の一つで、その第五番目。たつ。〔白虎通‐五行〕
〘名〙
① 十二支の一つで、その第五番目。しん。
※拾遺(1005‐07頃か)物名・四二九「ね うし とら う たつ み ひと夜ねてうしとらこそは思ひけめうきなたつみぞわびしかりける〈よみ人しらず〉」
② ①を年月日、方角、時刻に配して、その呼び名とするもの。
(イ) ①にあたる年や日。
(ロ) 東から南へ三〇度寄った方角。東南東。
(ハ) 現在の午前八時頃。また、その前後二時間。一説に、その後二時間。辰の刻。辰の時。
※江戸繁昌記(1832‐36)初「櫓鼓、寅の時に枹を揚げ、連撃して辰に達す」
(ニ) 三月の異称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辰の関連情報