(読み)シン

デジタル大辞泉の解説

しん【×辰】

十二支の第五。たつ。
とき。
㋐時刻。
㋑日。日がら。
㋒朝。早朝。
天体。日と月と星。
二十八宿の一。蠍座(さそりざ)。

しん【辰】[漢字項目]

人名用漢字] [音]シン(漢) [訓]たつ
十二支の5番目。たつ。「戊辰(ぼしん)
日時。日がら。「佳辰吉辰生辰誕辰良辰
日・月・星の総称。「辰宿三辰星辰北辰
[名のり]とき・のぶ・のぶる・よし

たつ【×辰】

十二支の一つで、その5番目。
方角の名。東から南へ30度の方角。東南東。
昔の時刻の名。今の午前8時ごろ、およびその後の2時間。または午前8時前後の2時間。
1にあたる年や日。
陰暦3月の異称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たつ【辰】

十二支の第五番目。年・日・時刻・方位などに当てる。
時刻の名。今の午前8時頃。また、今の午前7時から9時の間。または午前8時から10時まで。
方角の名。東から南へ30度の方向。
[句項目] 辰の一点

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


たつ

十二支の第5番目。「しん」ともいい、十二支獣として竜があてられる。3月の異称として用いられるほか、時刻としても用いられ、今日の午前8時を中心とした前後2時間を「辰の刻」「辰の時」といった。方角としては東から南へ30度寄った方向をいい、東南東にあたる。南東の方角を辰巳(たつみ)(巽)というが、この辰巳の語は南東から吹いてくる強風をもいう。また江戸時代には、辰巳、辰巳の里の語は、江戸の代表的な岡(おか)場所(未公認の遊里)深川の異称でもあったが、これは深川が江戸の町の南東に位置していたことによる。なお、上方(かみがた)の粋人ことばで「辰を上げる」といえば、物を盗む、ちょろまかすことを意味した。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辰の関連情報