コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シン

デジタル大辞泉の解説

しん【×辰】

十二支の第五。たつ。
とき。
㋐時刻。
㋑日。日がら。
㋒朝。早朝。
天体。日と月と星。
二十八宿の一。蠍座(さそりざ)。

しん【辰】[漢字項目]

人名用漢字] [音]シン(漢) [訓]たつ
十二支の5番目。たつ。「戊辰(ぼしん)
日時。日がら。「佳辰吉辰生辰誕辰良辰
日・月・星の総称。「辰宿三辰星辰北辰
[名のり]とき・のぶ・のぶる・よし

たつ【×辰】

十二支の一つで、その5番目。
方角の名。東から南へ30度の方角。東南東。
昔の時刻の名。今の午前8時ごろ、およびその後の2時間。または午前8時前後の2時間。
1にあたる年や日。
陰暦3月の異称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たつ【辰】

十二支の第五番目。年・日・時刻・方位などに当てる。
時刻の名。今の午前8時頃。また、今の午前7時から9時の間。または午前8時から10時まで。
方角の名。東から南へ30度の方向。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


たつ

十二支の第5番目。「しん」ともいい、十二支獣として竜があてられる。3月の異称として用いられるほか、時刻としても用いられ、今日の午前8時を中心とした前後2時間を「辰の刻」「辰の時」といった。方角としては東から南へ30度寄った方向をいい、東南東にあたる。南東の方角を辰巳(たつみ)(巽)というが、この辰巳の語は南東から吹いてくる強風をもいう。また江戸時代には、辰巳、辰巳の里の語は、江戸の代表的な岡(おか)場所(未公認の遊里)深川の異称でもあったが、これは深川が江戸の町の南東に位置していたことによる。なお、上方(かみがた)の粋人ことばで「辰を上げる」といえば、物を盗む、ちょろまかすことを意味した。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

辰の関連キーワード辰馬 吉左衛門(13代目)栃木県下都賀郡壬生町安塚福島県会津若松市東栄町辰松八郎兵衛(2代)新潟県柏崎市学校町兵庫県西宮市松下町キャプテン・アーク山形県鶴岡市関川中川検校(6代)中日ドラゴンズ奥羽越列藩同盟トレジャラー鉢振り・鉢振辰馬吉左衛門黒松白鹿炎の時代川村純義水車紡績大森英辰自然水銀

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辰の関連情報