コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農林漁業改良普及手当

1件 の用語解説(農林漁業改良普及手当の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

農林漁業改良普及手当

農・林・水産業の普及職員に対して支給される職務手当。都道府県は条例で定めるところにより、専門技術員には月額の8%以内、改良普及員には同12%以内を支給できる。(17年4月より施行される法改正等により、手当の上限規定を廃止し農林漁業普及指導手当に名称変更)

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農林漁業改良普及手当の関連キーワード家禄職封職分田所定外賃金育児休業給付募集手数料水産業改良普及事業水産業普及指導員農林漁業普及指導手当普及指導手当

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone