コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辺境伯オペラハウス へんきょうはくオペラハウス

1件 の用語解説(辺境伯オペラハウスの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

へんきょうはくオペラハウス【辺境伯オペラハウス】

ドイツ南部、バイエルン州北部のフランケン地方の小都市バイロイト(Bayreuth)旧市街にある歌劇場(オペラハウス)。ブランデンブルク・バイロイト辺境伯のフリードリヒ(1711~1763年)が夫人のヴィルヘルミーネ(Wilhelmine von Preuβen、1709~1758年、プロイセンフリードリヒ2世フリードリヒ大王の姉)の要望により、1744~1748年にかけて建設した、豪華絢爛バロック様式の歌劇場(オペラハウス)である。宮廷建築家・画家のジュゼッペ・ガリ・ビビエーナ(Giuseppe Galli Bibiena、1696~1757年)が内装を担当した。建設当時のまま現存するオペラハウスとしては、ヨーロッパ最古である。フリードリヒとヴィルヘルミーネ夫妻の治世下の1735~1763年には、辺境伯歌劇場のほか、ゾンネンテンペル(太陽の神殿)がある新エレミタージュ宮殿、新宮殿など、バイロイトの多くの歴史的建造物がつくられた。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

辺境伯オペラハウスの関連キーワードベルヒテスガーデンマイン川シュバーベンバイエルンエッタール修道院プリーンヘレンキームゼー城ミッテンワルトランツベルクワルハラ神殿

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone