コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夫人 フジン

デジタル大辞泉の解説

ふ‐じん【夫人】

貴人の妻。また、他人の妻を敬っていう語。「夫人同伴」「令夫人」「社長夫人
律令制で、皇后の次に位する後宮(こうきゅう)の女性。三位以上の女性から選んだ。ぶにん。
昔、中国で、天子の后(きさき)や諸侯の妻などの称。ぶにん。

ぶ‐にん【夫人】

ふじん(夫人)」に同じ。
「日本の国王の―丹治比の嬢女(をみな)の胎(はら)に」〈霊異記・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぶにん【夫人】

天皇のキサキの称。後宮職員令によれば定員3名で,位階は三位以上とされていた。(ひ)の下位,(ひん)の上位に位置づけられた。大臣クラスの有力者の家の子女が多く任命された。9世紀に入って女御更衣制度が導入されると,これが置かれることは少なくなり,嵯峨朝を最後として史上から姿を消す。その封禄は女は男の半分という原則から外され,全給されることになっていた。後宮【玉井 力】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふじん【夫人】

他人の妻を敬っていう語。奥様。 「 A 氏-」 「 -同伴」
貴人の妻。 「公爵-」
〔「ぶにん」とも〕 律令制で天皇の後宮の一。皇后・妃に次ぎ、諸王・諸臣から出、一位から三位の位を授けられる。定員三名。平安期以降は、妃・嬪ひんの号とともに次第に用いられなくなり、中宮・女御にようご・更衣などの称が一般的になる。おおとじ。

ぶにん【夫人】

〔呉音〕
ふじん(夫人)」に同じ。 「摩耶まや-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夫人
ふじん

(りょう)制の後宮における地位の一つ。「ぶにん」とも読む。皇親出身の妃(ひ)に次ぎ、嬪(ひん)の上に位置し、定員3名。三位(さんみ)以上を原則とし、大臣の女(むすめ)などが多い。聖武(しょうむ)天皇の夫人藤原光明子(こうみょうし)をはじめ、夫人から皇后にのぼった例も二、三ある。しかし平安初期から現れた女御(にょうご)の地位がしだいに向上するに及び、嵯峨(さが)天皇の夫人藤原緒夏(おなつ)を最後として廃絶した。また天皇の母にして夫人位にあるものを皇太夫人といい、とくに中宮職(ちゅうぐうしき)を付置されて后位に准ずる優遇を受けたが、これも醍醐(だいご)天皇の養母藤原温子(おんし)を最後として廃絶した。[橋本義彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の夫人の言及

【後宮】より

…天子は皇后のほか多数の妃嬪(ひひん)を抱えたが,すべて後宮に住んだので,皇后以下を後宮とよぶことがある。《礼記(らいき)》昏義に,古代には皇后が六宮を建て,3夫人,9嬪,27世婦,81御妻をひきいて内治をつかさどり,婦徳を明らかにしたとあり,後世の後宮制度の規範となった。後宮には后妃のほか,女官や宦官,賤民などが属して,宮中の職務や使役に従事した。…

※「夫人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

夫人の関連キーワードシューベルト:子供の行進曲 ト長調/1 piano 4 handsハイドン:アンダンテと変奏曲 ヘ短調/piano soloシューベルト:12のグラーツのワルツ/piano soloシューベルト:グラーツのギャロップ/piano soloリスト:コンソラシヨン(慰め)/piano soloエカテリーナ・ロマノヴナ ダシコヴァジャクリーヌ・ケネディ オナシスマルガレータ‐ド‐パルマG.O. ドーソンヴィルシルビア・クリステルマダム・バタフライファーストレディーデュ・バリー夫人シャルパンティエ伊勢大鹿菟名子デビ=スカルノクレーブの奥方魔女とルパンサド侯爵夫人蘇我法提郎媛

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夫人の関連情報