コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辺鸞 へんらんBiān Luán

世界大百科事典 第2版の解説

へんらん【辺鸞 Biān Luán】

中国,唐代中ごろ,8世紀後半から9世紀初頭の画家。生没年不詳。長安の人。官は右衛長史。花鳥画家として唐代を代表し,折枝画のような小さなものや,壁画の大画面にも腕をふるった。とくに,その色彩の美しさがたたえられた。まれに伝称作品はあるが,確証のある遺例はない。【海老根 聰郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android