コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辺鸞 へんらんBiān Luán

世界大百科事典 第2版の解説

へんらん【辺鸞 Biān Luán】

中国,唐代中ごろ,8世紀後半から9世紀初頭の画家。生没年不詳。長安の人。官は右衛長史。花鳥画家として唐代を代表し,折枝画のような小さなものや,壁画の大画面にも腕をふるった。とくに,その色彩の美しさがたたえられた。まれに伝称作品はあるが,確証のある遺例はない。【海老根 聰郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone