コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海老根/蝦根 エビネ

デジタル大辞泉の解説

えび‐ね【海老根/×蝦根】

ラン科エビネ属の多年草。山林や竹林に生え、高さ30~40センチ。根茎は太くて節が多く、横にはい、エビに似る。葉は長楕円形で縦ひだがある。春、紫褐色で中央が白または紅紫色の花を10個ほど開く。エビネ属にはキエビネ・ニオイエビネなども含まれ、観賞用に栽培され、園芸品種が多い。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海老根 (エビネ)

学名:Calanthe discolor
植物。ラン科の多年草,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

海老根/蝦根の関連キーワードグリーン(Graham Greene)ハーディ(Thomas Hardy)ブルームズベリー・グループコケイラン(小蕙蘭)海老根伝統手漉和紙マニフェスト大賞日陰者ジュードミドルマーチアイバンホーロックハート一立斎 文慶エッジワースペントハウスストーリー長尾 宜子事件の核心袁安臥雪図権力と栄光トロロープナラティブ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android