辻 忠右衛門(読み)ツジ チュウエモン

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の実業家



生年
弘化2年1月29日(1845年)

没年
昭和5(1930)年6月23日

出生地
近江国(滋賀県)

経歴
辻八郎の二男に生まれ、安政4年(1857年)辻忠吾の養子となる。明治15年大阪に硫酸瓶製造会社を創立して社長となり、傍ら雑種陶器および煉瓦の製造を始め、のち大阪窯業と改称して煉瓦事業を拡大、26年煉瓦製造専業とした。36年化粧煉瓦、38年耐火煉瓦の製造を開始し、40年貝塚煉瓦会社・和泉煉瓦会社を合併して更に発展。コンクリートの使用普及により、大正5年セメント製造に着手、15年同部門を分離して大阪窯業セメントとした。神戸桟橋、大日本塩業、摂津製油、大日本人造肥料、大阪曹達、鳴尾馬匹改良、大阪株式取引所などの創立・経営にも関わった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android