辻占売(読み)つじうらうり

精選版 日本国語大辞典「辻占売」の解説

つじうら‐うり【辻占売】

〘名〙 夜間、花柳界などで、辻占③を売って歩くもの。「つじうら」と赤い文字で書いた提灯をさげ、「淡路島かよう千鳥恋の辻うら」などと呼び声をあげて売り歩いた。辻占屋。
※おもひ草(1903)〈佐佐木信綱〉「さむき夜を辻占売が提灯の光きえゆく町はづれかな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の辻占売の言及

【辻占】より

…辻占は,後に道祖神や塞の神の託宣とされるようになり,江戸時代の《嬉遊笑覧》には,衢(ちまた)に出て黄楊(つげ)の櫛を持って,道祖神を念じつつ,見えて来た人の言葉で吉凶を占うとあり,黄楊と〈告げ〉が結び付き,櫛という呪物も加えられた。夜,花柳界などを中心に占紙を売り歩いた辻占売はこの流れを引く者で,〈淡路島通う千鳥の恋の辻占〉などと呼び声をあげて縁起の良いものだけを売った。占紙には,あぶり出しや巻煎餅・干菓子・板昆布にはさんだもの,割りばしや爪楊枝(つまようじ)の袋に印刷したものなどがあった。…

※「辻占売」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android