コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐佐木信綱 ささき のぶつな

美術人名辞典の解説

佐佐木信綱

歌人・国文学者。三重県生。歌人佐佐木弘綱の長男。幼少より父に歌学国学を学び、のち高崎正風に就く。父の歿後竹柏会を組織する。また歌学者・万葉学者としての業績も大きい。学士院会員。芸術員会員。文化勲章受章。昭和38年(1963)歿、92才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

佐佐木信綱【ささきのぶつな】

歌人,国文学者。号は竹柏園。三重県生れ。東大古典科卒。父弘綱と《日本歌学全書》を刊行。和歌史および《万葉集》の研究に努め,《校本万葉集》の編纂に中心的役割を果たしたことをはじめ,《日本歌学史》《和歌史の研究》など不朽の業績を残した。
→関連項目大塚楠緒子木下利玄鶴見和子久松潜一柳原白蓮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐佐木信綱 ささき-のぶつな

1872-1963 明治-昭和時代の歌人,国文学者。
明治5年6月3日生まれ。佐々木弘綱の長男。高崎正風(まさかぜ)にまなぶ。明治31年竹柏(ちくはく)会を組織し「こゝろの華」(のち「心の花」)を創刊。研究者としても「日本歌学史」「和歌史の研究」,「校本万葉集」(共編)をのこす。昭和12年第1回文化勲章。昭和38年12月2日死去。91歳。三重県出身。帝国大学卒。号は竹柏園(なぎぞの)。歌集に「思草(おもいぐさ)」「山と水と」など。
【格言など】ゆく秋の大和の国の薬師寺の塔の上なる一ひらの雲(「新月」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ささきのぶつな【佐佐木信綱】

1872‐1963(明治5‐昭和38)
歌人,国文学者。三重県鈴鹿市に,歌人で国学者の弘綱の長男として生まれる。幼年より父の教えを受け,11歳で上京,東京大学古典科を卒業した。おりからの短歌革新運動の一翼を担い,1898年に雑誌《心の花》を創刊,主宰した。《思草》(1903),《新月》(1912),《豊旗雲》(1929),《山と水と》(1951)など12歌集があり,清新,端正な作風に特色がある。1905年から26年間,東大講師として《万葉集》,和歌史を担当。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ささきのぶつな【佐佐木信綱】

1872~1963) 歌人・国文学者。三重県生まれ。東大卒。父弘綱のあとを受け竹柏会を主宰、「心の華」(のち「心の花」)を創刊。温雅清新な歌風で、代表歌集に「思草」「豊旗雲」がある。また、万葉集の研究に功績を残す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐佐木信綱
ささきのぶつな

[生]明治5(1872).6.3. 三重,石薬師
[没]1963.12.2. 熱海
歌人,歌学者。 1882年国学者の父弘綱に伴われて上京,高崎正風に入門。 88年 16歳で東京大学古典講習科卒業。以後歌の研究と詠作に進み,父との共著『日本歌学全書』 (12巻,1890~91) を刊行。父の死後「竹柏会」を継承して歌誌『こころの華』 (のち『心の花』と改題) を主宰,落合直文のあさ香社とともに和歌革新に貢献したが,その特色は伝統的手法による穏健で地味な調和的作風にあった。『続日本歌学全書』 (12巻,97~1900) 刊行ののち,歌集『思草 (おもいぐさ) 』 (03) ,『新月』 (12) を経て『常盤木』 (22) にいたり万葉風のおおらかな抒情世界を確立,歌壇の第一人者となった。一方,1905年以来東京大学で『万葉集』,歌学史,和歌史を講じ,『歌学論叢』 (08) ,『近世和歌史』 (23) ,『国文秘籍解説』 (44) ,さらに橋本進吉,武田祐吉らの協力を得た『校本万葉集』 (25巻,24~25) などの著作を残した。『万葉集事典』 (56) は万葉研究の集大成である。芸術院会員。 37年第1回文化勲章受章。 51年文化功労者。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐佐木信綱
ささきのぶつな
(1872―1963)

歌人、国文学者。明治5年6月3日伊勢(いせ)国鈴鹿(すずか)郡石薬師村(三重県鈴鹿市石薬師町)に歌人・国学者弘綱(ひろつな)の長子として生まれた。1888年(明治21)16歳で東京帝国大学古典科卒業後、生涯民間にあって学者、歌人として世に重んじられた。学者としては歌学史、和歌史、歌謡史に新天地を拓(ひら)き、ことに『万葉集』は生涯の研究主題であり、近代における万葉学樹立はこの人によるところが多かった。研究は書誌的、文献的で、この方面の功績、編著も多く、武田祐吉(ゆうきち)、久松潜一らの協力を得た『校本万葉集』(1924~25)の完成は万葉研究に一時代を画した。また『万葉秘林』『南都秘笈(ひきゅう)』等30余種の古鈔本(こしょうほん)、古文書を自費で複製弘布(こうふ)した。また父弘綱と共編『日本歌学全書』12巻(1890~91)に続き、続12巻(1898~1900)を完成し、和歌文学のテキストを出版、学界に貢献した。
 歌人としては、明治の短歌革新に際し竹柏会(ちくはくかい)を組織し機関誌『心の花』を創刊した(1898)。信綱は晩年静岡県熱海(あたみ)西山に隠栖(いんせい)、昭和38年12月2日没に至るまで、国文学研究と作歌を続けた。歌風は古典の正格から新風に移り、主情的である。門下三千といわれ、石榑千亦(いしくれちまた)、木下利玄(りげん)、川田順、片山広子(松村みね子)ら俊秀を出した。歌集は『思草』(1903)以下数種、『佐佐木信綱歌集』(1956)に収める。1934年(昭和9)学士院会員、1937年芸術院会員、第1回文化勲章受章。著述二百数十種、また童謡『雀(すずめ)』、唱歌『夏は来ぬ』『勇敢なる水兵』など多く世に歌われた。[伊藤嘉夫]
 ゆく秋の大和(やまと)の国の薬師寺の塔の上なる一ひらの雲
『『佐佐木信綱歌集』『佐佐木信綱文集』(1956・竹柏会) ▽佐佐木信綱著『作歌八十二年』(1959・毎日新聞社) ▽『明治文学全集63 佐佐木信綱他集』(1967・筑摩書房) ▽佐佐木幸綱著『佐佐木信綱』(1982・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の佐佐木信綱の言及

【心の花】より

…短歌結社雑誌。1898年(明治31)佐佐木信綱によって創刊された月刊誌で,現在ある短歌誌の中では最も長い伝統をもつ。初期には,《こころの華》などと表記されたこともある。…

※「佐佐木信綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佐佐木信綱の関連キーワード三重県鈴鹿市石薬師町前川佐美雄さんとうだいもり松本 初子小金井素子佐々木景子佐佐木雪子五島美代子佐佐木由幾印東昌綱阪本仙次今井康子遠山光栄富岡冬野津軽照子橘糸重子石井衣子夏は来ぬ石榑千亦井関照子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐佐木信綱の関連情報