コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

込み歩 コミブ

デジタル大辞泉の解説

こみ‐ぶ【込み歩】

江戸時代の検地で、地味の劣った田畑は実際の面積より減らして検地帳に記載すること。捨て歩。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

込み歩の関連キーワード捨て歩・捨歩江戸時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android