コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地味 ジミ

デジタル大辞泉の解説

じ‐み〔ヂ‐〕【地味】

[名・形動]
形や模様などにはなやかさがなく、目立たないこと。また、そのさま。「地味な服装」「地味づくり」⇔派手(はで)
性質や物の考え方・生活態度などが、飾り気がなくて控え目なこと。また、そのさま。質素。「地味で目立たない生徒」「地味な商売」「地味に暮らす」⇔派手
ちみ(地味)

ち‐み【地味】

《「ぢみ」とも》ある土地の、生産力から見た質のよしあし。「地味の肥えた土地」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じみ【地味】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
華やかさや、けばけばしさのない・こと(さま)。 ↔ 派手 「 -な着物」 「 -な色」
態度や行動が控え目で、人の目をひこうとしない・こと(さま)。 ↔ 派手 「 -に暮らす」 「 -な人柄」
土壌のよしあし。 → ちみ(地味)
[派生] -さ ( 名 )

ちみ【地味】

地質のよしあし。土地の農作物を生産しうる力。じみ。 「 -に恵まれる」 「 -がよい」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

地味の関連キーワードsmoky colour華を去り実に就くビジネススーツ痩せ地・瘦せ地痩せ山・瘦せ山痩せ土・瘦せ土陳ねくろし痩地・瘦地引っ立つ後室模様派手婚だれ場痩せ地込み歩痩せ土窶れ姿飾り気柄行き農作物磽确

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地味の関連情報