コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

込み米 こみまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

込み米
こみまい

今摺り米ともいう。籾貯蔵をしておき,梅雨が明けてから籾摺りをした玄米のこと。籾摺りしてから2週間以内に精白して炊飯すると味がよいが,その期間を過ぎると変色して臭みがつき,まずくなる。玄米貯蔵よりも貯蔵期間を長くすることができる点に特色がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

込み米の関連キーワード酒屋(酒を醸造、売買する商店)今摺り米

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

込み米の関連情報