コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迎鼓 げいこ

世界大百科事典内の迎鼓の言及

【東盟】より

…国中大会,名を東盟と曰う〉とあり,収穫時の祭天の儀礼を東盟とよんだらしい。夫余の迎鼓,東濊(とうわい)の舞天なども同じく収穫後に歌舞飲食を楽しんだものという。また別に高句麗の伝説上の始祖の東明王を東明とよぶ場合もある。…

【夫余】より

…広開土王碑文にも東夫余討伐が記されている。夫余族の習俗については前記の東夷列伝に詳しく記されているが,官名に家畜の名称を使用する習慣があり,また新春には迎鼓(あるいは迎年)という祭天の行事を催すなどシャマニズムの傾向がうかがわれ,高句麗の東盟と同様のものと思われる。彼らの建国説話は高句麗,百済のそれとすこぶる近似しており,魏志夫余伝巻末には〈魏略〉所収の東明王伝説(朱蒙)を付記している。…

※「迎鼓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

迎鼓の関連キーワード朝鮮舞踊朝鮮演劇朝鮮文学朝鮮音楽東盟

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android