東夷(読み)とうい(英語表記)Dong-yi; Tung-i

  • ▽東×夷
  • あずまえびす〔あづま〕
  • 東×夷
  • 東夷 Dōng yí

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国古代の民族名。中国の中原にいた漢民族が,異文化をもつ辺の諸民族を「東西戎南蛮北狄」と蔑称したが,東夷の住地は,ほぼ山東省から江蘇安徽2省にかけてであった。すでに代に,これに対する大規模な討伐が行われたことが甲骨文にみえ,また,西周期にもこの討伐が大きな問題であったことをうかがわせる金文がある。春秋時代には,魯の周辺にいくつかの夷族の国があった。のち東方の異民族 (東北,朝鮮,日本など) をさすようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

中国古代,今の河南省を中心に文明を築いた漢民族が東方の異民族を呼んだ蔑称。満州,朝鮮,日本などの各種の民族がこの名で呼ばれた。正史では3世紀末の《三国志》が初めて〈東夷伝〉を立て,夫余,高句麗,東沃沮(よくそ),【わい】,韓,倭などを挙げている。→魏志倭人伝

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中国古代,今の河南省を中心に文明を開いた漢民族が,東方の異民族に与えた蔑称。〈夷〉は音韻のうえでや弟と同系のことばで,背丈の低い人々を意味した。漢民族の発展につれてその内容は変化し,初めはいまの山東省や江蘇省に居住して殷や周と争った徐夷,奄夷,淮夷(わいい)などを指した。孟子も山東省出身の聖王,を東夷の人とよんでいる。これら諸民族が漢民族に融合した・漢期以降になると,もっぱら中国東北地方,朝鮮半島,日本列島を東夷の地とするようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国の東部および東南部の異民族に対する蔑称(べっしょう)。夷(い)民族は殷(いん)には人方とよばれる有力な部族国家を形成した。あるいは殷族と近い関係にあった民族ではないかともいわれる。殷および周からしばしば討伐を受けたが、その活動はのちのちまで続いた。莱夷(らいい)、徐夷、淮夷(わいい)などいくつもの部族に分かれており、春秋時代には呉(ご)、越(えつ)など、浙江(せっこう)、安徽(あんき)、江西方面の部族も九夷などとよばれた。その後も中国人は東方の異民族をすべて東夷と称したので、日本、朝鮮など極東民族もそのなかに含まれるようになった。

[宇都木章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 (東方のえびすの意)
① 中国で、東方に住む未開の異民族をさしていったことば。黄河の中・下流地域に住む漢民族を「中華」と呼ぶのに対して、中国東北部・朝鮮・日本などの民族をさした。
※神皇正統記(1339‐43)上「日本は九夷の其一なるべし。異国には此国をば東夷とす」 〔書経‐周官〕
② (日本の東部に住んでいるところから) 蝦夷(えみし)の異称。あずまえびす。
※沙汰未練書(14C初)「東夷成敗事。於関東其沙汰〈東夷者蝦子(えぞ)事也〉」
③ 東国地方の武士。関東地方のあらあらしい武者。京都の人があざけりの気持をこめて用いたことば。あずまえびす。あらえびす。
※高野本平家(13C前)一一「国母官女は東夷(とうイ)西戎の手にしたがひ、臣下卿相は数万の軍旅にとらはれて、旧里にかへり給ひしに」
[2] (江戸の東南隅にあったところから) 江戸深川の遊里。吉原の北狄、新宿の西戎、品川の南蛮に対する称。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)二「東夷南蛮西戎は岡場所」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

古代中国人が東方の異民族を卑しんで呼んだ名称
古く山東から江蘇北部の海岸地方にいた民族をさしたが,のち満州・朝鮮・日本などの各種民族の総称となり,『後漢書』『三国志』などの東夷伝に詳述されている。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android