コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤勘治郎 こんどう かんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤勘治郎 こんどう-かんじろう

1882-1949 昭和時代の考古学研究家。
明治15年2月23日生まれ。第六十九銀行専務をつとめる。昭和8年新潟県長岡市の自宅に近藤考古館を創設。10年息子の篤三郎とともに同市の馬高遺跡,三十稲場遺跡を発掘。同時に県内各地の遺跡をしらべ,「石器時代遺跡探渉日記」としてまとめた。昭和24年4月20日死去。68歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の近藤勘治郎の言及

【馬高遺跡】より

…信濃川西岸の関原丘陵(標高60~70m)上にあり,小谷をはさんだ対岸に後期の三十稲場遺跡を望む。1935年頃から地元の近藤勘治郎・篤三郎父子によって遺物が収集され,打製・磨製石斧,石鏃,石匙,石槍,石皿,凹石(くぼみいし),石棒,玉類などの石器および土器,土偶,三角形土版,三角壔土製品,土製滑車形耳飾など,遺物が多数知られている。とくに縄文中期中葉の土器のうち,口縁部に鶏頭冠とよばれる四つの大型突起をもち,器面を隆線文様で飾る独特な様式のいわゆる火焰土器がはじめて発見された地としても有名である。…

※「近藤勘治郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

近藤勘治郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android