コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬高遺跡 うまだかいせき

2件 の用語解説(馬高遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うまだかいせき【馬高遺跡】

新潟県長岡市関原町1丁目中原にある縄文時代中期の集落遺跡信濃川西岸の関原丘陵(標高60~70m)上にあり,小谷をはさんだ対岸に後期の三十稲場遺跡を望む。1935年頃から地元の近藤勘治郎・篤三郎父子によって遺物が収集され,打製・磨製石斧,石鏃,石匙,石槍,石皿,凹石(くぼみいし),石棒,玉類などの石器および土器,土偶,三角形土版,三角壔土製品,土製滑車形耳飾など,遺物が多数知られている。とくに縄文中期中葉の土器のうち,口縁部に鶏頭冠とよばれる四つの大型突起をもち,器面を隆線文様で飾る独特な様式のいわゆる火焰土器がはじめて発見された地としても有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬高遺跡
うまたかいせき

新潟県長岡市関原町1丁目に所在の縄文時代中期後半の遺跡。1936年(昭和11)春から41年秋まで、土地の素封家で考古学研究家でもあった近藤勘次郎・篤三郎父子が寸暇を得ては発掘調査を行い、石囲炉址(いしがこいろし)をはじめ土器、石器、土偶、三角形土偶(当時糸巻状土製品とよんでいた)、土製滑車形耳飾などの多数の遺物を発掘した。なかでも火炎状把手(とって)のついた深鉢土器は火炎土器の名で知られ、信濃(しなの)川中流域を中心に広く分布している。これらの貴重な発掘品は今日長岡市立科学博物館に一括収蔵されている。遺跡は信濃川左岸、JR上越線長岡駅西方約8キロメートルの地で、駅前からバスの便がある。72年(昭和47)秋、新潟県教育委員会文化行政課の手で本遺跡の再調査が実施された。[江坂輝彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬高遺跡の関連キーワード津雲貝塚北越銀行長岡造形大学長岡大学越の雪良寛の里 わしま田中政喜中村孝三郎群亀

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

馬高遺跡の関連情報