近衛忠熙(読み)このえ ただひろ

美術人名辞典の解説

近衛忠熙

幕末・明治の尊攘派公卿・公爵。左大臣近衛基前の子。安政の大獄に連坐、左大臣を辞し、落飾して翠山と号する。のち関白に任じられ、公武合体に尽力する。正一位追贈。明治31年(1898)歿、92才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

このえ‐ただひろ【近衛忠熙】

幕末の公卿。内大臣、左大臣、関白。基前の子。号翠山。内覧、国事掛に任じられ、公武合体をはかって奔走したが、尊王攘夷派の反対にあって辞職。文化五~明治三一年(一八〇八‐九八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android