コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関白 かんぱく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関白
かんぱく

一の人,摂 籙 (せつろく) ,執柄 (しっぺい) ,博陸 (はくろく) などともいう。天皇を補佐して,天下の政を行う職。令外官で,元慶8 (884) 年光孝天皇のとき,一切の奏文は太政大臣藤原基経にまず上申し,その指示に従うべしとの詔が出されたのに始る。仁和3 (887) 年宇多天皇の詔に関白という言葉がみえ,基経が関白職の初任となった。天皇幼少時の摂政と並んで,成人後の天皇を補佐した関白は,もっぱら藤原氏がなり,特に道長の子孫が独占して権力を握り,いわゆる摂関政治を出現させた。中世に入ってからはその子孫近衛,鷹司,九条,一条,二条の五摂家が交代で就任し,明治にいたった。藤原氏以外の関白は豊臣秀吉,同秀次の2人である。なお,前関白を太閤,前関白が出家したものを禅閤といった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぱく〔クワン‐〕【関白】

《「関(あず)かり白(もう)す」の意。近世までは「かんばく」》
帝王の政務にあずかって意見を言上すること。
成人後の天皇を補佐して政務をつかさどった重職。平安中期藤原基経(ふじわらのもとつね)に始まり、慶応3年12月9日(1868年1月3日)王政復古により廃止。一の人。→摂政(せっしょう)
威力・権力の強い者をたとえていう語。「亭主関白

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

関白【かんぱく】

天皇を補佐し,政務を行った重職。令外官(りょうげのかん)。関白の実務を行ったのは藤原基経が884年陽成(ようぜい)天皇を廃して光孝天皇を擁立したときからで,関白の語の初見は887年である。
→関連項目一条実経猪隈関白記氏長者宇多天皇円融天皇外戚九条政基九条道家楠葉牧後一条天皇光孝天皇後二条師通記近衛家近衛前久近衛基通木幡後法興院記四条天皇摂関摂関家渡領摂家将軍鷹司家豊臣秀次藤原兼家藤原兼通藤原忠実藤原忠通藤原師実藤原師通

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

関白

平安時代以降、成人後の天皇を補佐して政務を司る職名。転じて、権力の強い者の比喩。また、子に関白の職を譲った前関白の称号が太閤である。豊臣秀吉は関白職を養子秀次に譲り、進んで自らを太閤と称した。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

防府市歴史用語集の解説

関白

天皇の政治をたすける職のことで、9世紀後半の藤原基経[ふじわらのもとつね]が最初です。摂政[せっしょう]と同じ意味あいですが、幼い天皇には摂政、成人した天皇には関白と、役職名がことなります。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かんぱく【関白】

石川の日本酒。酒名は、豊臣秀吉が花見の宴でふるまった「加賀の菊酒」に由来。主要銘柄は大吟醸酒「加賀吟醸」。ほかにアルコール度数21.7%の普通酒「弐壱七」など。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水は白山山系の伏流水蔵元の「加越」は江戸末期創業。所在地は小松市今江町。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

関白

石川県、株式会社加越の製造する日本酒。大吟醸酒のブランドに「加賀吟醸」がある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんぱく【関白】

天皇を補佐して政務を執行する職。執柄(しつぺい),博陸(はくろく),霍光(かくこう)ともいう。中国前漢の宣帝が霍光に対し,〈諸事皆まず関(あずか)り白(もう)すべし〉と命じたのに由来するが,日本では宇多天皇が887年(仁和3)太政大臣藤原基経に対して下した詔に関白の語がみえるのが初例。なお884年(元慶8)に光孝天皇が基経に下した勅に,のちの関白と実質を等しくする語句のあることから,これを関白の起源とする説もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんぱく【関白】

〔漢書 霍光伝「諸事皆先関白光、然後奏御天子」より。近世まで「かんばく」〕
成人後の天皇を助けて政務をつかさどった重職。関白は、天子の政務に関あずかり白もうすの義で、平安中期、藤原基経をこの任にあてたのに始まる。次第にその職名となり、天皇が幼少の時は摂政、成人後は関白を任ずる慣例となった。藤原氏がその地位を独占し、例外は豊臣秀吉・秀次の二人のみ。一の人。唐名を執柄しつぺい・博陸はくろく。 → 摂政
天子の政務にあずかって、意見を申し上げること。
威力・権力が強く、いばっていること。 「亭主-」
特に、豊臣秀吉のこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関白
かんぱく

天皇を補佐し、百官を率いて大政を執行する重職。中国前漢の博陸侯霍光(はくろくこうかくこう)が幼帝を補佐した故事により、博陸ともいう。百官の上奏に関(あずか)り、意見を白(もう)すという意味で、887年(仁和3)宇多(うだ)天皇が太政(だいじょう)大臣藤原基経(もとつね)に賜った勅書にこのことばが初めてみえ、しだいにその職名となった。冷泉(れいぜい)天皇(在位967~969)のころから、天皇幼少の間は摂政(せっしょう)を、成長後は関白を置くのが慣例となり、事実上朝廷最高の地位となって、「一(いち)の人(ひと)」ともよばれた。なお制度上は、摂政が天皇の代理人的立場にあるのに対し、関白は補佐の地位にとどまるが、政治上の実権にはほとんど差異を認められない。
 摂関の職は藤原氏北家(ほっけ)に独占され、藤原氏長者(ちょうじゃ)を兼帯するのが常例となり、ことに藤原道長(みちなが)以後はその子孫に伝えられ、鎌倉時代以降は近衛(このえ)、九条(くじょう)、二条、一条、鷹司(たかつかさ)の五摂家が交互にこの地位についたが、幕末王政復古に際して廃止された。近世初頭豊臣秀吉(とよとみひでよし)・秀次(ひでつぐ)父子が関白になったのはまったくの異例である。なお、前関白を太閤(たいこう)といい、関白に准ずる地位に内覧(ないらん)がある。[橋本義彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

関白 (カンパク)

植物。バラ科のハナモモの園芸品種,落葉低木。ハクトウの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の関白の言及

【摂関政治】より

…平安時代,藤原氏出身の摂政関白が天皇に代わって,あるいは天皇を補佐して行った政治。とくに967年(康保4)冷泉天皇の践祚後まもなく藤原実頼が関白となってから,1068年(治暦4)後三条天皇が皇位につくまでの約100年間の政治形態をいう。…

【太閤】より

…大閤とも書かれる。関白に任じられた者の子息が関白になったとき,父である前関白を呼ぶ称号。《臥雲日件録》に〈父已為関白,其子又必関白,父尚存則称大閤……〉という解釈がみられる。…

【天皇】より

…令制の太政大臣が唐制の三師,三公と異なる点は,菅原道真が指摘したように,分掌はないが,太政官の職事として天下の政を知り行うところにある。この権能がやがて人臣摂政に移り,さらに関白の職権となった。摂政は天皇幼少の間,天皇に代わって大政を摂行する臨時的な地位であるが,関白は大政総攬の権能をもつ天皇のもとで,百官総己を職権として執政する地位であった。…

※「関白」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

関白の関連キーワード栃木県宇都宮市関白町大北の政所二条 斉敬近衛尚通二条晴良鷹司政通二条吉忠亭主関白雨眉の車九条教実二条尚基藤原道兼殺生関白鷹司信尚官府宣石川県執柄家公達家嚊天下大政所

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関白の関連情報