コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近赤外線 キンセキガイセン

3件 の用語解説(近赤外線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きん‐せきがいせん〔‐セキグワイセン〕【近赤外線】

赤外線のうち、波長が短く、0.7~2.5マイクロメートル程度の光線。暗視カメラの照明装置、赤外線通信静脈認証などに用いられる。NIR(near infrared)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きんせきがいせん【近赤外線】

(波長の長い赤外線を遠赤外線というのに対し)波長の短い赤外線。波長約0.72~2.5マイクロメートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の近赤外線の言及

【赤外線】より

…1800年にイギリスのF.W.ハーシェルが,太陽スペクトルの赤色部分より長波長側に熱効果の大きい部分があることを発見したのが最初である。波長数μm以下を近赤外,波長25μm以上を遠赤外,その間を中間赤外と呼び,また,波長25μm,30μmまたは50μmを境として,それ以上を遠赤外線,以下を近赤外線と総称することもある。ただし,これらの境界は明確ではなく,ことに電子回路で発生されるコヒーレンスのよい電磁波は波長が短くてもサブミリ波などと電波用語で呼ばれる。…

※「近赤外線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

近赤外線の関連キーワード遠赤外線極紫外線中赤外線遠赤外の近赤外分光分析法赤外スペクトル赤外線加熱赤外線灯シューマン線(紫外線)ミリカン線(紫外線)

近赤外線の関連情報