コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近赤外線 キンセキガイセン

デジタル大辞泉の解説

きん‐せきがいせん〔‐セキグワイセン〕【近赤外線】

赤外線のうち、波長が短く、0.7~2.5マイクロメートル程度の光線。暗視カメラの照明装置、赤外線通信静脈認証などに用いられる。NIR(near infrared)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

近赤外線【きんせきがいせん】

赤外線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

きんせきがいせん【近赤外線】

(波長の長い赤外線を遠赤外線というのに対し)波長の短い赤外線。波長約0.72~2.5マイクロメートル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の近赤外線の言及

【赤外線】より

…1800年にイギリスのF.W.ハーシェルが,太陽スペクトルの赤色部分より長波長側に熱効果の大きい部分があることを発見したのが最初である。波長数μm以下を近赤外,波長25μm以上を遠赤外,その間を中間赤外と呼び,また,波長25μm,30μmまたは50μmを境として,それ以上を遠赤外線,以下を近赤外線と総称することもある。ただし,これらの境界は明確ではなく,ことに電子回路で発生されるコヒーレンスのよい電磁波は波長が短くてもサブミリ波などと電波用語で呼ばれる。…

※「近赤外線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

近赤外線の関連キーワードハッブル・ウルトラ・ディープ・フィールドスピッツァー宇宙望遠鏡エネルギー変換用色素光トポグラフィー検査ハッブル宇宙望遠鏡光トポグラフィー近赤外線吸収色素スペクトロメータ光学赤外線望遠鏡3つ星ビストロガラスレーザースペース望遠鏡赤外線天文学太陽観測衛星すばる望遠鏡自動開閉ドア赤外線望遠鏡機能性色素NML天体電波天文学

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近赤外線の関連情報