コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近赤外線 キンセキガイセン

3件 の用語解説(近赤外線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きん‐せきがいせん〔‐セキグワイセン〕【近赤外線】

赤外線のうち、波長が短く、0.7~2.5マイクロメートル程度の光線。暗視カメラの照明装置、赤外線通信静脈認証などに用いられる。NIR(near infrared)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きんせきがいせん【近赤外線】

(波長の長い赤外線を遠赤外線というのに対し)波長の短い赤外線。波長約0.72~2.5マイクロメートル。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の近赤外線の言及

【赤外線】より

…1800年にイギリスのF.W.ハーシェルが,太陽スペクトルの赤色部分より長波長側に熱効果の大きい部分があることを発見したのが最初である。波長数μm以下を近赤外,波長25μm以上を遠赤外,その間を中間赤外と呼び,また,波長25μm,30μmまたは50μmを境として,それ以上を遠赤外線,以下を近赤外線と総称することもある。ただし,これらの境界は明確ではなく,ことに電子回路で発生されるコヒーレンスのよい電磁波は波長が短くてもサブミリ波などと電波用語で呼ばれる。…

※「近赤外線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

近赤外線の関連情報