コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆向健忘 ぎゃっこうけんぼうretrograde amnesia

世界大百科事典 第2版の解説

ぎゃっこうけんぼう【逆向健忘 retrograde amnesia】

何かの脳障害健忘(追想欠損)を生じる時に,脳障害の発生時点より以前の事柄にまで遡及して思い出すことができない場合をいう。意識が明瞭だった時点では,出来事は正常に記銘され記憶に残されたはずだが,脳障害により想起できないのは,記憶の痕跡が失われたか,想起することができないのかの理由による。健忘が逆向する期間は外傷性の時は数分から数時間くらいが多いが,重症ではさらに長期間にわたる。回復時にはしだいに健忘の期間が短縮する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

逆向健忘の関連キーワードコルサコフ症候群

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android