コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆打ち ギャクウチ

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐うち【逆打ち】

四国八十八箇所巡礼で、香川県さぬき市の第88番札所大窪寺を出発して四国を左回りに、徳島県鳴門市の第1番札所霊山寺(りょうぜんじ)へと巡ること。→順打ち
[補説]閏(うるう)年に逆打ちをすると巡礼3回分の御利益がある、また、弘法大師と会えるなどの言い伝えがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

逆打ち

空海(弘法大師)にゆかりのある四国の寺88カ所を巡礼する「お遍路(へんろ)」において、反時計回りに巡ること。お遍路では、各寺院に詣でることを「打つ」といい、空海の足跡の通り時計回りに巡る「順打ち」が基本とされている。逆打ちについては、平安時代の商人・衛門三郎が空海に会うため20回、順打ちで辿ったが会えず、閏年(うるうどし)で丙申(ひのえさる)の年に逆に巡り21回目にしてようやく会えたという伝説がある。このため、年に逆打ちで巡ると3倍の功徳(くどく)があるといわれており、閏年の巡礼者数は通常の数倍になるとされる。2016年は閏年かつ60年に1度の丙申の年に当たっている。

(2016-4-7)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

逆打ちの関連キーワード御利益空海補説

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逆打ちの関連情報