コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆打ち ギャクウチ

2件 の用語解説(逆打ちの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐うち【逆打ち】

四国八十八箇所巡礼で、香川県さぬき市の第88番札所大窪寺を出発して四国を左回りに、徳島県鳴門市の第1番札所霊山寺(りょうぜんじ)へと巡ること。→順打ち
[補説]閏(うるう)年に逆打ちをすると巡礼3回分の御利益がある、また、弘法大師と会えるなどの言い伝えがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

逆打ち

空海(弘法大師)にゆかりのある四国の寺88カ所を巡礼する「お遍路(へんろ)」において、反時計回りに巡ること。お遍路では、各寺院に詣でることを「打つ」といい、空海の足跡の通り時計回りに巡る「順打ち」が基本とされている。逆打ちについては、平安時代の商人・衛門三郎が空海に会うため20回、順打ちで辿ったが会えず、閏年(うるうどし)で丙申(ひのえさる)の年に逆に巡り21回目にしてようやく会えたという伝説がある。このため、閏年に逆打ちで巡ると3倍の功徳(くどく)があるといわれており、閏年の巡礼者数は通常の数倍になるとされる。2016年は閏年かつ60年に1度の丙申の年に当たっている。

(2016-4-7)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逆打ちの関連キーワード志度四国巡礼志度焼八十八箇所雲辺寺さぬき順打ち白峰寺八栗寺ながお

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

逆打ちの関連情報