コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆方位図法 ぎゃくほういずほうretro-azimuthal projecion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆方位図法
ぎゃくほういずほう
retro-azimuthal projecion

地図投影法の一種で,地図上の一定点に対し,任意の点から引いた方向線のその点における方角が正しく表わされる図法の総称である。 1910年にイギリスの J.クレイグが命名した。彼はその発表のなかで,アラビア半島のメッカを一定点とする逆方位図法を述べた。これはメッカ図法 mecca projectionといわれ,回教徒がどこからでもメッカの正確な方角を知ることに用立てるものであった。 E.ハンメルの正距逆方位図法も別の例となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

逆方位図法の関連キーワードハンメル図法

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android