コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆止め弁 ぎゃくとめべんcheck valve

2件 の用語解説(逆止め弁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆止め弁
ぎゃくとめべん
check valve

危険防止または機能保持のため,流体を一方向にだけ自由に流して,逆流を阻止するための方向制御弁。一般にリフト式のものとスイング式のものとに分類できる。またアングル型 (流入方向に対して 90゜の方向に流出) とインライン型 (流入と流出の方向が同一方向) とがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の逆止め弁の言及

【バルブ】より

…以下では流路の開閉以外に使われる特殊な用途のバルブについて述べる。(6)逆止め弁 チェック弁とも呼ばれ,逆流を自動的に防止するために使われる。流す方向へは弁体が流れの力によって自然に押し開かれるが,逆方向に流れようとすると弁体が弁座に密着して流れを遮断する。…

※「逆止め弁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone