逆流(読み)ギャクリュウ

  • ぎゃくりゅう ‥リウ
  • ぎゃくりゅう〔リウ〕
  • ぎゃくる

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 流れるべき方向やそれまで流れていた方向と反対に流れること。また、その流れ。〔運歩色葉(1548)〕
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉四七「波田は、全身の血が頭に逆流した」 〔管子‐七法〕
〘名〙 仏語。
① 生死、流転の流れに逆らって、悟りに向かうこと。⇔順流。〔摩訶止観‐四・上〕
② (srotaāpanna の訳語) 須陀洹(しゅだおん)。小乗の聖者声聞の最初の階位。新訳では聖者の流れにあずかった位として預流(よる)という。〔北本涅槃経‐三六〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の逆流の言及

【境界層】より

…これと反対に物体や突起の後方,あるいは先太の管では,下流のほうの圧力が高くて流れが減速され,境界層の厚さの増大が助長される。下流の圧力上昇は境界層に垂直な線上ではどこでも同じであるから,それが大きいと速度の遅い壁面近くで流れの向きが逆転して(逆流という),上流の流れともども向きを変えて主流中に向かい,主流中に渦を放出することになる。これを境界層の剝離という(図3)。…

※「逆流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逆流の関連情報