コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆調整池 ぎゃくちょうせいち

2件 の用語解説(逆調整池の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ぎゃくちょうせいち【逆調整池】

水力発電に際して変化する河川下流の流量を自然のもとの状態にもどすために、発電所の下流に設けた貯水池。 → 調整池

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

逆調整池【ぎゃくちょうせいち】

水力発電所では負荷の変動に従って放水量が変化する。その放水路の下流で,灌漑(かんがい),発電等利水のために一定量の水を必要とする場合,この変動を調整するために設置する池をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone