コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆調整池 ぎゃくちょうせいち

大辞林 第三版の解説

ぎゃくちょうせいち【逆調整池】

水力発電に際して変化する河川下流の流量を自然のもとの状態にもどすために、発電所の下流に設けた貯水池。 → 調整池

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

逆調整池【ぎゃくちょうせいち】

水力発電所では負荷の変動に従って放水量が変化する。その放水路下流で,灌漑(かんがい),発電等利水のために一定量の水を必要とする場合,この変動を調整するために設置する池をいう。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android