コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆調整池 ぎゃくちょうせいち

2件 の用語解説(逆調整池の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ぎゃくちょうせいち【逆調整池】

水力発電に際して変化する河川下流の流量を自然のもとの状態にもどすために、発電所の下流に設けた貯水池。 → 調整池

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

逆調整池【ぎゃくちょうせいち】

水力発電所では負荷の変動に従って放水量が変化する。その放水路の下流で,灌漑(かんがい),発電等利水のために一定量の水を必要とする場合,この変動を調整するために設置する池をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

逆調整池の関連キーワードサージタンク発電所水路式発電ダム式発電調整池女川原子力発電所志賀原子力発電所敦賀発電所小水力発電小型の水力発電所

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone